野村技工

21世紀の熱エネルギーは過熱蒸気・過熱水蒸気発生装置【Genesis】の野村技工です。

  • 過熱蒸気・過熱水蒸気発生装置【Genesis】の野村技工
  • 過熱蒸気・過熱水蒸気発生装置【Genesis】の野村技工
  • 過熱蒸気・過熱水蒸気発生装置【Genesis】の野村技工
  • 過熱蒸気・過熱水蒸気発生装置【Genesis】の野村技工
  • 過熱蒸気・過熱水蒸気発生装置【Genesis】の野村技工

常設設備・・・・バッチ炉

コンベア炉に続きまして、

バッチ炉です。

有効炉内寸法:W300㎜×D300㎜×H300㎜、

直下噴射式。

じゃ~ン。

チョットと言うか大分年季が入って変色しています。

これでもSUS製ですが、この十数年無茶な使い方をしてきました。

それと言うのも高温用(MAX630℃、90㎏/h)発生装置に直結させていますので、

当然、バッチ炉内MAX過熱水蒸気温度530℃で流量90㎏/hで加熱処理します。

バッチ炉表面がこんな調子ですから、炉内は更に、

ど~んとこんな感じです。

SUS製ですので念のため。

正面奥の真ん中の上側の穴が排気口です。

向って右側面に炉内温度を計測する熱電対が一本。

刺さってます。

壁面には無数の穴、何でしょうねェ。

ただの箱では御座いません。内部構造はいろいろと、はい、職人ですから。

但し、過熱水蒸気以外の熱源は一切使っていません。

念のため。

右側に設置された弊社GE-100

から発生した過熱水蒸気は、

バッチ炉真下に接続され、

バッチ炉内真下の吹き出し口から噴射されます。

熱処理も写真の様に吹き出し口から直接被加熱物に当てて熱処理するか、

吹き出し口直上に衝突板を置いて拡散するかで結果も変わってきます。

バッチ炉内は棚受けがあり、品物によっては2段で熱処理も可能です。

本日はこの辺で失礼します。

 

あ、そうそう、今年に入りましてレンタルを始めたお話をしましたが、

先週土曜に貸し出しました小型簡易バッチ式試験炉が1ヵ月半ぶりに帰ってきました。

お客様のテスト状況は上々で、申請用データ収集も順調に取れたそうです。

お役に立てて何よりでした。

 

 

 

 

 

 

 

常設設備・・・コンベアつづき2

過熱水蒸気テストが立て込み更新する気力が失せておりました。

来週もほぼ埋まりました。(汗)

さて引続き弊社仕様のコンベア試験炉ですが、

過熱水蒸気流量でどの程度の炉内温度になるか目安のお話をいたします。

弊社コンベア炉、内部の容積が長2,000㎜、幅380㎜、高さ440㎜、

前後開口部の寸法が幅が300㎜、高さ170㎜に飽和蒸気を投入後、

電源ONで500℃の過熱水蒸気に再加熱させ測定してます。

先ずは、蒸気流量 60㎏/h(弊社中型発生機GE-60)で始めましたが、

蒸気流量が少なく炉内温度上昇に時間が掛かりましたので、

前後開放部を閉鎖して再度行いました。

電源投入後、10分でコンベア炉内131℃、20分で炉内207℃、30分で炉内244℃、

1時間でコンベア炉内302℃、1時間30分で326℃で動きが鈍くなりましたので、

出入口閉鎖状態でコンベア炉内温度上限326℃となりました。

次に、出入口(寸法:幅300㎜、高170㎜)閉鎖状態を開放状態にしてみました。

開放して5分で238℃まで下がり、

下がるスピードが鈍り下げ止まりが、7分42秒で229℃になりました。

全く同じ条件で、

蒸気流量 100㎏/h(弊社上位機種GE-100)で試してみます。

電源投入後、10分でコンベア炉内204℃、20分で炉内285℃、30分で炉内333℃、

1時間でコンベア炉内390℃、1時間30分で413℃で動きが鈍くなりましたので、

出入口閉鎖状態でコンベア炉内温度上限413℃となりました。

同じく出入口閉鎖状態を開放状態にしてみました。

開放して5分で382℃まで下がり、

下がるスピードが鈍り下げ止まりが、9分34秒で368℃になりました。

たった40㎏/hの流量違いで、温度差が出来るのは当然ですが、

閉鎖状態で温度差87℃、開放状態で温度差153℃、

蒸気流量が多いと一旦上がった炉内温度を維持する力が大きいのです。

つまり、炉内温度の安定に繋がり、均一の熱処理ができます。

 

 

 

 

 

常設設備・・・コンベアつづき

このコンベア試験炉も弊社製作によるものです。

これに試験時に使用するアミカゴやトレイ類、

100均にはお世話になっております。

これら以外には、こんなのや、

小さいものでチマチマ出来ない時は、

自社のコンベアサイズに合わせた大きなものもチョチョイとつくります。

また、これもそうですが、

過熱水蒸気の雰囲気処理するだけではなく、

持込の被加熱物の特性により過熱水蒸気の当たる距離により反応が変わる場合もあり、

高さを調整できる様な架台であったり、

これなんかは、

直接過熱水蒸気で処理しない蓋付きです。

この間、お米のとあるテストをいたしました。

あっさりと結果が出てしまい、テストデーター分はお客様が持ち帰られ、

余った分はお召し上がり下さいと置いていかれた無洗米6㎏、

全部このSUS製ケースで炊飯しちゃいました。

こんな大量に炊飯したこと無いもので殆ど行き当たりバッタリで、

ド~~ンと6㎏を300℃で30分。

出来たかなぁ~と、不安一杯で蓋を開けると、

見事にふっくら美味しそうに炊けていました。

間接加熱と申しましても、ガタつきの蓋をただ置いてあるだけですので、

直接と間接の炊飯になり、ご覧の通り吹きこぼれなど一切無く、

過熱水蒸気はほぼ均一に加熱しますので失敗の確立が低そうです。

とっても美味しかったですよ。

ほらぁ~。

社員で分け分けして更に余裕でご近所に配れました。

あれ、いつの間にか脱線してます。

失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

常設設備・・・コンベア試験炉

先ずは、弊社コンベア試験炉の仕様から、

全長5,000㎜の内、

過熱水蒸気による加熱炉の長さが2,000㎜、

前後の開口部の幅が300㎜、高さ170㎜、

その炉内を通過するコンベア部、

幅290㎜の直径6㎜の丸棒が連結されたタイプです。

コンベア炉内部の容積は、幅380㎜、高さ440㎜の中に、

写真の炉内上部に長方形の構造物が横並びに3本ありますこれが、

過熱水蒸気を噴射するノズルになります。

角パイプに千鳥状に穴を開け、炉長2,000㎜に対し、

1,800㎜の長さの物が上下に各3本配置されています。

次に炉内温度を測定する熱電対センサーが炉内中央、

コンベア面から70㎜上にあります。

写真では分かり辛いので拡大してみましょう。

これにより、コンベア炉内温度の目安に使用しています。

コンベア炉奥に鎮座しております制御盤、

これが、コンベア炉用電磁誘導加熱制御盤です。

この制御盤の左に並んだ飽和蒸気流量制御装置の上に、

温度制御盤とコンベア制御盤が大小並べて設置しています。

これで、炉内中心での停止や連続で最短8秒~最長16分、ピッチ運転で時間∞での

コンベアのコントロールが可能です。

また、過熱水蒸気の温度制御のみならず、コンベア炉内温度での制御も可能です。